誰についていくか

誰を参考に生きるかというタイトルにしてもよかった。

僕の人生においてとても重要なことだ。

なぜなら情報不足で自分でなにかを決定できないことが多い。

結果的に決定までに迷うことが増え、精神や時間を無駄に消費してしまう。

しかし指標となる人間がいることにより、その情報不足や迷う時間の削減が期待できる。

ついていく人はしっかり選んだほうがいい。でないと痛い目を見る。

ついていく人がどんなにすごいと思っても、それを信仰に変えてはいけない。

僕は彼じゃない。必ず失敗する。失敗した。

それでも最後に選択するのは自分。いいなりには決してなってはならない。

常に疑う。この発言はおかしいと思ったらこれまで歩いてきた道を疑ってみる。

たまには他の人も見てみる。もしかしたら新しいものが見つかるかもしれないから。

もしくは、僕の道が間違ってることに気がつくかもしれないから。


尊敬する人がまず完成させろっつってたので僕もそれに準ずる。

Facebookのそれがどんだけいいこと言おうがほーん程度だったけど

尊敬する人がそれに同意するだけで捉え方が全然変わってくることを理解した

最近でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です