ノートPCの初期設定のいくつかをAnsibleコード化した。

結果的にはまだ成功してない。なぜならインストールしなおしてもタッチパッドは死んだままだったから結局ノートPCはお蔵入りしたからだ。

しかし、書いたコードは当面利用できると思うし、使うにあたって注意があるからそれも兼ねて文章化しようと思った。

Ansibleコード

wasuken/arch_note

非常に簡潔な作りとなっている。

と言えるわけないくらい適当に作ってる。

しかもこれ使う条件として

  • Python2入れてないといけない。

  • ネットワーク系設定すべて済んでること

  • グローバル変数でsudoパスワードの設定を行う。

  • sshのインストール、公開鍵による通信を可能にしていること。

が必要になる。

正直あまり役に立たなかった。

ま、まあこれ自宅ネットワーク用の練習やし。。。

特にやりたいこともないのでこの後から自宅ネットワークのRole作りをしていきたい。

仕事もそろそろ始まるし毎日コミット流石に途切れるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です